-

PCの画面の前に座って絶えず上下動している相場を目を向けていると注文をしたくなるという思いに駆られる人も多いです。だが、ぼんやりした感覚でエントリーすることは、避ける必要があります。分かっていると思いますが、市場は24時間、どういう時でもどこかの国の為替市場はオープンしているし市場もどういう時でも上がったり下がったりします。しかしながら、何回もトレードを積んでいくと、それだけ損をする可能性が上がります。無論、売り買いの回数を経験することによってじょじょに勝利する確率か50%、50%になるのは周知の通りです。しかしその事実は「漠然とした思いつきで売買」とは別の問題です。トレード回数を重ねるということは「ここはいける」と直感した自信を持った状況での売り買いの回数を積むという意味です。理由がなく、ひっきりなしに注文をするのとはかなり異なります。マーケットの戦いに勝利するためには、あなたが意識的に緩急をつけることこそが肝心です。「ここだ!」と感じた外国為替市場の時には、迷わずポジションを買い増して、徹底的に儲けを追い求めます。「少し難しい為替相場でどう変化するのか思いつかないな」と感じたならば、潔く諦めて売買ポジションを閉じて何もしない。それぐらいのリズムをつけた方が、取引は成功します。為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。まさにその通り。相場とはいつも売買ポジションを保有する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも所有せず静観していることも、外国為替相場です。それでは、どのタイミングで休めばよいのだろうか。ひとつは、先に述べたように、最近の外国為替相場がしっかりと判断できない時です。今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、間違って判断すると、自分自身の書いた物語とは反対の方向に相場が向ってしまい、損をする事になります。だから、そんなケースではポジションを0にして、何もせずに見ているだけがいいでしょう。もうひとつは、健康状態がすぐれない時。コンディションと為替相場に関係ないと感じる方もいるでしょうが実際には意外に関係がある。体の調子が悪い時は、外国為替市場の決断しなければいけない局面で、必要な決定をする事が出来ない場合が多くなります。気分が進まない時は市場から離れる事も必要な事です。